無垢フローリングとキズ・汚れ

無垢フローリングのトラブル回避術

無垢フローリングには傷や汚れが付きやすいものです。しかし、これをマイナスイメージでとらえるのはやめましょう。

メインイメージ

無垢フローリングとキズ・汚れ

無垢フローリングは傷がつきやすいものです。

しかも、汚れや変色も起こりやすいと言えます。

しかしこれを、単純にトラブルだと考えるのはもったいないことです。

無垢フローリングは、合板と違ってはがれたりはげたりすることがありません。

削っても、一番下まで同じ木だからです。

ですから、無垢フローリングの傷や汚れや変色は、自然の経過で「味」になります。

みすぼらしくはげてしまったり、使用に問題が起きたりする合板の変化とは全く別の経過なのです。

しかも、別ページで先にご紹介した無垢フローリングの「反り」の問題も、時間がたち、収縮を何度も繰り返すことでどんどん起こりにくくなっていきます。

このように、無垢材というのは天然木の性質や在り方(自然であるという事)を否定してはうまく付き合って行けません。

傷や汚れに敏感になりすぎず、無垢材だからこそそれらのダメージを受け入れることができるのだという事を知っておきましょう。

人工物の美しさは誰にでも伝わります。

しかし、天然の自然の美しさを、自分の家に見出すことは、ただ見た目の美しさにこだわることよりもずっと大切な意味があるのです。

Copyright (C) www.isyan.biz. All Rights Reserved.

無垢フローリングのトラブル回避術